2018年2月28日水曜日

H29年度編入学合格者インタビュー part.4【神戸大学】

大学編入合格者インタビュー part.4

今回は、神戸大学経済学部に編入合格しました、「F」さんです。





Q.なぜ予備校ではなく大学編入科への入学を選んだのですか?
A.予備校で浪人となると、少なくとも1年は周りから後れをとってしまうため、3年次編入での大学編入を選びました。また、現役のころのようにセンター試験などの勉強に取り組むよりも、専門科目や小論文等の試験に必要な科目が少なくて済み、チャンスが多いと思ったからです。

Q.福岡カレッジの魅力の良さはどんなところだと思いますか?
A.高校生の頃と同じようにクラス担任制のため、親身になって受験の相談を乗ってくださる先生がいるところだと思います。先輩が多くいるため、受験に関する情報が豊富にあるところも魅力です。

Q.合格の秘訣はなんですか?
A.主に、英語と専門科目が受験科目となるため、その2点については、家庭学習でも時間をかけて勉強をしました。それだけではなく、普段の成績も良い成績をおさめられるよう、定期テストや科目週末試験に向けて、しっかり勉強に取り組みました。

Q.福岡カレッジを卒業後、編入先の大学ではどんなキャンパスライフを送りたいですか?
A.憧れであった大学に入学できたからには、以前から深く学びたいと考えていた経済学の知識を深めていきたいです。また、勉強面以外では、大学で出会った仲間との楽しい時間を過ごしたいです。

Q.福岡カレッジを目指す人へメッセージをお願いします。
A.現役とは受験形態が大きく変わるので、最初は不安なことも多いと思いますが、やるべきことを着々と行い、地道に努力をしていけば必ず結果はついてくると思うので、頑張ってください。受験以外でも福岡カレッジのキャンパスライフは楽しいこともたくさんです!