2018年2月14日水曜日

H29年度編入合格者インタビュー part.3【神戸大学・広島大学】

大学編入試験合格者にインタビューpart.3

今回は、神戸大学経済学部・広島大学経済学部に編入合格しました、俵 大耀さん(福岡県立八女高等学校出身)です。





Q.なぜ、予備校ではなく大学編入科への入学を選んだのですか?
A.私が大学編入科を選択した理由は2あります。1つ目は、留年をしなくても大学に行けることを知ったからです。2つ目は受験科目が少なくなるからです。また私は、数学と英語が得意な科目だったので使えると思ったことがきっかけです。

Q.福岡カレッジの魅力や良さはどんなところだと思いますか?
A.先生方のサポートがあるところです。進路に迷ったときは、先生方が進路相談に乗ってくれるので、気持ちの部分ですごく助かりました。また、唐人町駅から徒歩8分の所に学校があるので静かな環境が整っていて勉強がやりやすかったです。

Q.合格の秘訣は何ですか?勉強方法や頑張ったことなどを具体的に教えてください。
A.生活面では、メリハリをつけて生活をすること、睡眠時間をしっかりとることを気を付けていました。勉強面では、わからない問題を後回しにしないこと、それから、わからない問題はなるべく先生に聞いて、その日のうちに解決することを心掛けました。また、わからない問題だけを集めて、自分で問題集を作ったりしていました。

Q.将来の目標を教えて下さい。
A.将来は経営をやってみたいです。そのためには専門知識を身につけたいと思います。また、多くの人と接して、いろいろなお話を聞いてグローバルに活躍できるよう頑張っていきたいと思います。

Q.福岡カレッジを目指す人へのメッセージをお願いします。
A.現役の時よりも、上のランクへ入学できること、また留年をしなくても大学を目指せる最後のチャンスなので、合格をつかみ取ってください!