2018年3月11日日曜日

H29年度編入合格者インタビュー part.5【横浜国立大学・鹿児島大学・愛媛大学】

大学編入試験合格者にインタビュー paet.5

今回は、横浜国立大学・鹿児島大学法文学部・愛媛大学法文学部に編入合格しました、
村上 貴哉さん(佐賀県立致遠館高等学校出身)です。






Q.なぜ、予備校ではなく大学編入科の進学を選んだのですか?
A.僕は現役、浪人時に立命館大学を受験しましたが、不合格で、結局自分の思うような大学に合格できませんでした。その時に、知り合いが福岡カレッジに進学して、広島大学に大学編入したということを聞き、福岡カレッジの大学編入科を選びました。

Q.福岡カレッジの魅力や良さはどんなところだと思いますか?
A.まず、先生方が親身になって教えていただけることです。法律は独学で理解することが難しく、わからないところを理解するまで先生に教えてもらったり、論文の添削をして頂いたりしました。また、土日も学校の自習室を利用することができるため、勉強する環境も整っています。さらに福岡カレッジの卒業生からの面接のコツや、勉強方法なども聞くことができます。このような点が、福岡カレッジの魅力だと思います。

Q.合格の秘訣は何ですか?勉強方法や頑張ったことなどを教えてください。
A.継続して取り組むこと、復讐する事、理解する事だと思います。

Q.福岡カレッジを卒業後、編入先の大学ではどんなキャンパスライフを送りたいですか?
A.福岡カレッジでは、編入試験の為に法律の勉強ばかり勉強していたので、編入先では、法律だけでなく、政策系や経済系などの科目も勉強してみたいと思っています。それから、せっかく横浜に行くので、遊びたいです。(笑)

Q.将来の夢や目標を教えてください
A.法律を中心に勉強し、その勉強を活かせるような金融企業や保険業の分野で働きたいと考えています。

Q.福岡カレッジを目指す人へのメッセージをお願いします。
A.福岡カレッジでは努力次第で現役時には合格できないような国公立大学、難関私立大学に合格し、一発逆転をすることができます。僕は現役、浪人時3科目しか勉強しておらず、国公立大学は最初から諦めていましたが、こんな僕でも国公立大学に合格することができました。受験勉強は大変ですが、高い目標をもって頑張って下さい!


2018年2月28日水曜日

H29年度編入学合格者インタビュー part.4【神戸大学】

大学編入合格者インタビュー part.4

今回は、神戸大学経済学部に編入合格しました、「F」さんです。





Q.なぜ予備校ではなく大学編入科への入学を選んだのですか?
A.予備校で浪人となると、少なくとも1年は周りから後れをとってしまうため、3年次編入での大学編入を選びました。また、現役のころのようにセンター試験などの勉強に取り組むよりも、専門科目や小論文等の試験に必要な科目が少なくて済み、チャンスが多いと思ったからです。

Q.福岡カレッジの魅力の良さはどんなところだと思いますか?
A.高校生の頃と同じようにクラス担任制のため、親身になって受験の相談を乗ってくださる先生がいるところだと思います。先輩が多くいるため、受験に関する情報が豊富にあるところも魅力です。

Q.合格の秘訣はなんですか?
A.主に、英語と専門科目が受験科目となるため、その2点については、家庭学習でも時間をかけて勉強をしました。それだけではなく、普段の成績も良い成績をおさめられるよう、定期テストや科目週末試験に向けて、しっかり勉強に取り組みました。

Q.福岡カレッジを卒業後、編入先の大学ではどんなキャンパスライフを送りたいですか?
A.憧れであった大学に入学できたからには、以前から深く学びたいと考えていた経済学の知識を深めていきたいです。また、勉強面以外では、大学で出会った仲間との楽しい時間を過ごしたいです。

Q.福岡カレッジを目指す人へメッセージをお願いします。
A.現役とは受験形態が大きく変わるので、最初は不安なことも多いと思いますが、やるべきことを着々と行い、地道に努力をしていけば必ず結果はついてくると思うので、頑張ってください。受験以外でも福岡カレッジのキャンパスライフは楽しいこともたくさんです!

2018年2月14日水曜日

H29年度編入合格者インタビュー part.3【神戸大学・広島大学】

大学編入試験合格者にインタビューpart.3

今回は、神戸大学経済学部・広島大学経済学部に編入合格しました、俵 大耀さん(福岡県立八女高等学校出身)です。





Q.なぜ、予備校ではなく大学編入科への入学を選んだのですか?
A.私が大学編入科を選択した理由は2あります。1つ目は、留年をしなくても大学に行けることを知ったからです。2つ目は受験科目が少なくなるからです。また私は、数学と英語が得意な科目だったので使えると思ったことがきっかけです。

Q.福岡カレッジの魅力や良さはどんなところだと思いますか?
A.先生方のサポートがあるところです。進路に迷ったときは、先生方が進路相談に乗ってくれるので、気持ちの部分ですごく助かりました。また、唐人町駅から徒歩8分の所に学校があるので静かな環境が整っていて勉強がやりやすかったです。

Q.合格の秘訣は何ですか?勉強方法や頑張ったことなどを具体的に教えてください。
A.生活面では、メリハリをつけて生活をすること、睡眠時間をしっかりとることを気を付けていました。勉強面では、わからない問題を後回しにしないこと、それから、わからない問題はなるべく先生に聞いて、その日のうちに解決することを心掛けました。また、わからない問題だけを集めて、自分で問題集を作ったりしていました。

Q.将来の目標を教えて下さい。
A.将来は経営をやってみたいです。そのためには専門知識を身につけたいと思います。また、多くの人と接して、いろいろなお話を聞いてグローバルに活躍できるよう頑張っていきたいと思います。

Q.福岡カレッジを目指す人へのメッセージをお願いします。
A.現役の時よりも、上のランクへ入学できること、また留年をしなくても大学を目指せる最後のチャンスなので、合格をつかみ取ってください!


2018年2月7日水曜日

H29年度編入学合格者インタビュー part.2【北海道大学】

大学編入試験合格者にインタビューpart.2


今回は、北海道大学経済学部に編入合格しました、坂本 健さん(熊本県立真和高等学校出身)です。



Q.なぜ予備校ではなく大学編入科の入学を選んだのですか?
A.高校を卒業してから、福岡カレッジに入学するまで2年間のブランクがあったので、1から大学入試の勉強をするのは大変だと考え、福岡カレッジに入学しました。実際に入学してからは大学編入だけに力を入れるわけではなく、編入した後も役に立つ資格を取得できるので自分にプラスになったと思います。

Q.大学編入の合格の秘訣は何ですか?
A.学校での授業を大切にし、放課後もその日にわからなかった授業の内容を確認する勉強を続けました。受験直前期には休日に学校に登校して、友達と協力しながら勉強をしました。

Q.福岡カレッジを卒業後、編入先でどんなキャンパスライフを送りたいですか?
A.経営学科への編入は一人なので、まずはゼミなどで友人・知人を作ることから始めていきたいと思います。また、仲間とともに学業だけではなく、就職活動なども積極的に取り組んでいきたいと思っています。

Q.将来の夢や目標を教えてください。
A.私は、公認会計士になるという目標があります。そのために大学では監査会計のゼミを取り、会計学の知識を深めていこうと考えています。

Q.福岡カレッジへの入学を目指す人へメッセージをお願いします。
A.コツコツ地道に努力していけば、きっと希望の大学に大学編入ができると思います。自分の行きたい大学を決めたら、周りをあまり気にせず、頑張ってください。





2018年1月31日水曜日

H29年度編入学合格者インタビュー part.1【東北大学・長崎大学】

今年も、この季節がやってきました!


大学編入合格を勝ち取った大学編入科2年生にインタビューを行いました。
これから、少しずつですが更新していきたいと思います!




今回は、東北大学・長崎大学に編入合格しました、増山 裕晃さん(長崎県立諫早高等学校出身)です。




Q.なぜ、予備校ではなく大学編入科への入学を選んだのですか?
A.大学受験をしましたが、思うような結果が出なかったので、その時に先輩に誘われて入学を決めました。


Q.福岡カレッジの魅力や良さはどんなところだと思いますか?
A.自分の実力以上の大学へ編入できますし、その他様々な資格を取得できるところです。1から先生に教えてもらえるので、皆にチャンスがあると思います。


Q.勉強方法や頑張ったことなど具体的に教えてください。
A.先輩や先生方の話をよく聞き、素直に実践する事です。私は、先輩や先生方の言われたとおりに勉強しました。


Q.将来の夢や目標を教えてください。
A.将来は、外資系の企業へ就職し、世界中で活躍できる人材になりたいと思っています。そのためにも、語学力の向上を目指したいです。


Q.最後に福岡カレッジを目指す人へメッセージをお願いします。
A.編入学試験の結果は、本人の頑張り次第で大きく変わります。本気で大学を目指したいと思っている方は、是非福岡カレッジで大学編入を目指してみませんか?