2017年3月26日日曜日

平成28年度編入学合格者インタビュー part.8 【和歌山大学】

大学編入試験合格者にインタビューpart.8

今回は和歌山学経済学部に編入合格しました、野村芳広さん(私立八女学院高等学校出身)です。
  
 

  
Q.なぜ、予備校ではなく大学編入科を選んだのですか?
A.FCBの大学編入科は、主に受験勉強中心の予備校と違い、様々なイベントが行われたり、クラスの仲間と一緒に編入試験に向けて勉強したりと、豊かな人間性の形成ができると考えたからですね!
 
Q.FCBの魅力は?
 A.FCBは多くの資格取得ができるところだと思います。そのためのカリキュラムもしっかりしているので、編入後の就職活動の際に役に立つと思っています。また、先生方が一人ひとりをしっかり対応してくれるので、安心して相談ができます。その点も魅力の一つですね!
 
Q.合格の秘訣は何ですか?
A.私が受験した和歌山大学は推薦入試でしたので面接とTOEICで受験しました。秘訣とあげるとすれば、自分のやりたいことを明確にし、研究することを本で調べたりまとめたりした後、先生や友人に確認してもらい、面接に臨んだことが良かったのだと思います。そうすることで、面接官に何を聞かれても無難に対応できると思います!
 
Q.将来の夢や目標を教えてください。
A.私は、都市再生を学べるゼミの専攻を考えています。都市再生におけるイベントの運営に携わり、日本の町の活性化を図りたいと思っています。国内・海外のあらゆる文献を読み、幅広い知識をつけて商店街の活気があるイギリス留学してみたいと思います。
 
Q.FCB入学を目指す人へメッセージをお願いします。
A.FCBに入学した人たちは一度大きな挫折を味わっています。その悔しさをぶつけて頑張ることが出来るので、自分にとっても最良な道を切り開くことが出来ると思います。ぜひ、その思いを結果につなげてください!