2017年3月19日日曜日

平成28年度編入学合格者インタビュー part.7 【長崎大学・新潟大学】

大学編入試験合格者にインタビューpart.7

今回は長崎学経済学部・新潟大学経済学部に編入合格しました、古賀 章泰さん(福岡県立三池工業高等学校出身)です。
 
 
 

  
Q.なぜ、予備校ではなく大学編入科を選んだのですか?
A.私は工業高校出身ということで、高校時代は大学受験勉強をまったくしていませんでした。そのため予備校に1年行っても結果を出すことは難しいと思い、予備校は考えませんでした。
 
Q.合格の秘訣は何ですか?
A.2年間という時間があるので、編入試験対策をしっかりと準備できることですね!先生方との距離も近く、疑問点や大学の傾向などをいろいろと質問していました。1年次は通学していましたが、途中から一人暮らしを始めて行き帰りの時間を省いたことで、より勉強に集中できました。また、部屋にテレビやWi-Fiを設置しなかったことが合格の秘訣かもしれません(笑)。
 
Q.将来の夢や目標を教えてください。
A.私は、世界を相手にした国際公務員を考えており、グローバルな人材として社会貢献していきたいと思っています。なので、海外留学・海外ボランティアに挑戦し、見識を広めたいと思います。
 
Q.FCB入学を目指す人へメッセージをお願いします。
A.工業高校出身の私でも国立大学に合格することが出来ました!それも同じクラスに目標を高めあえる友人がたくさんいたからだと思います。目標が同じ国公立大学合格なので、助けいあいながら勉強することが出来ました。先生方が真摯に向き合ってサポートしてくださる環境があったから現役の時よりもワンランク上の大学に合格することが出来ました。皆さんもそういう環境で学んでみませんか?頑張ってください!!