2017年2月24日金曜日

平成28年度編入学合格者インタビュー part.4 【佐賀大学】

大学編入試験合格者にインタビューpart.4

今回は佐賀学文化教育学部に編入合格しました、古賀 陸さん(佐賀県立佐賀北高等学校出身)です。


 
 
Q.なぜ、予備校ではなく大学編入科を選んだのですか?
A.現役の時、志望校だった佐賀大学に合格できず、浪人するか悩んでいました。その時、TVCMが流れていたのを見て編入を知ったんですが、どういうことか分からなかったので学校説明会に参加しました!クラス担任制や、1年遅れずに大学を卒業できることを知って、ここだ!と思いました(笑)。
 
Q.FCBの魅力や良さはどんなところですか?
A.クラスで信頼できる仲間がいたことですね!助けあいながら勉強を進めることが出来るのもFCBならではだと思います。また色々と資格取得にもチャレンジできるので卒業した後のことも安心ですね!
 
Q.合格の秘訣は何ですか?
A.入学して冬休み前まではどちらかといえば英単語やTOEIC、簿記など検定に向けた勉強を
中心にやっていました。単位取得も必要なので専門の経済・経営も並行して取り組みました。年明けからは志望校対策としてニュース時事を中心に調べてノートにまとめたり、過去問を解いたりとやることは多かったですね!ただ、その分の息抜きもしっかりしましたよ(笑)。
 
Q.将来の夢や目標を教えてください。
A.将来は中学校の体育教師を考えています!教職課程を取らないといけないので授業数が大変ですが、夢に向けてしっかりと取り組んでいきたいと思います。
 
Q.FCB入学を目指す人へメッセージをお願いします。
A.大学編入科はいろいろな大学を受験でき、また頑張れば現役時よりも上の大学に進学することが可能です!FCBは良い先生方が誠心誠意対応してくださいます。安心して入学できると思います!学校説明会でいろいろ質問をぶつけてみてください。