2017年1月21日土曜日

平成28年度編入学合格者インタビュー part.1 【筑波大学】

大学編入合格を勝ち取った大学編入科2年生にインタビューを行いました!
どのようにして2年間を過ごしたのか、これからの目標などを語っていただきました(^^♪
 
今回は筑波大学情報学に編入合格した村口智紀さん(福岡・上智福岡高等学校出身)です。
 


Q.なぜ、予備校ではなく大学編入科を選んだのですか?
A.予備校に行くよりもレベルの高い大学に編入できる可能性を感じたからです。勉強する科目も少なく対策もしやすいと思いました。カリキュラムの中に資格も取得できる授業もあり、就職に役に立ちそうだということも考えました。
 
Q.合格の秘訣はなんですか?
A.自分に厳しくあることですね(笑)特に遅刻・欠席がないよう努力しました!
 
Q.勉強方法など具体的に頑張ったことを教えてください。
A.編入試験がFCBの前期試験と簿記検定の直後だったため、入試の勉強と並行して勉強しないといけなかったので、毎日深夜まで資料作成や勉強していました。睡眠時間は3時間という日もありきつかったですね。編入試験は面接とプレゼンテーションだったので、英語が苦手な僕でも絞って取り組むことができました!
 
Q.将来の夢や目標を教えてください。
A.将来は公務員を目指しているので大学で公務員講座などで勉強し、社会に貢献できる人間を目指します!
 
Q.FCB入学を目指す人へメッセージをお願いします。
A.受験がうまくいかなくても、浪人することだけが全てではありません。今の自分よりもランクアップすることが大学編入科では可能です。頑張りましょう!!