2016年10月13日木曜日

アルバイト先紹介☆福岡タワー編

ワーキングスタディ科の午後の授業はアルバイト!?
午前中は学校で資格の勉強をし、午後からは自分の選んだアルバイト先で、現場実習を通して実践力を身に着けます。

今回は谷口まりやさん(佐世保東翔高等学校出身)、田辺風花さん(富島高等学校出身)のアルバイト実習先を訪問してきました♪


2人が働く福岡タワーは全長234mの日本一の海浜タワーです
最上階の展望室からは、福岡の街並みや博多湾などの景色を360度の大パノラマで一望できる、福岡でも有名な観光スポットです。
展望室からの眺めはもちろんのこと、季節や時期によって変わるイルミネーションも見どころのひとつ 。イベントも多く開催しています

どんな仕事をしていますか?
入場される方の受付や施設の案内、電話応対や売上の計算、パンフレットの整理や事務作業などをしています。
観光で来られる方がほとんどなので、受付では福岡タワー以外のことを聞かれることも多いです。
私も福岡出身ではないのですが、すぐに答えきれるよう地名や催事など日々勉強しています。
また、外国人の方もとても多く、日本語が通じないこともしばしば・・・先輩から教えてもらった韓国語を使って、臨機応変に対応しています。


福岡タワーで働こうと思ったきっかけは?
もともと事務仕事もできる接客業に就きたいと考えていました。
学校に来ていた募集を見て、自分にぴったりだと思い、担任の先生に連絡を取ってもらいました。
福岡タワーで働いている人の年齢は様々で、色んな話を聞けるのも凄く勉強になります。
団体で来られた方の処理にはパソコンを使ったり、売上の計算では電卓の便利な使い方など、学校で習ったことが役に立っています。


アルバイトを通して学んだことは?
人生初のアルバイトを経験して、改めて感じたのはお金の大切さです。
お金を稼ぐことは考えていた以上に大変で、アルバイトを始めてから無駄遣いが減りました。
また、差異があると再チェックをしないといけないので時間になっても帰れず、周りの方に迷惑をかけてしまうので、責任感を持って仕事に臨んでいます。

進学して感じたことは?
都会への憧れがあり、進学先は福岡にしようと決めていました。
1人暮らしは思っていたよりも大変で、家事はいまだに慣れません(笑)
当たり前のことかもしれませんが朝遅刻しないように起きることや、風邪をひかないように気を付けたり…といった自己管理も大変で、つくづく親のありがたみを感じています。
大変だと感じることもありますが、福岡は便利で生活しやすい環境なので、就職は福岡でしたいと考えています。希望の職種に就職できるよう、資格取得もしっかり頑張りたいです。