2016年3月4日金曜日

神戸大学&広島大学合格

今回は神戸大学 経済学部広島大学 経済学部の編入学試験に合格した德永美佳さん(修猷館高等学校出身)にインタビューしてきました!


今の心境は?
ずっと勉強に追われる日々を過ごしてきたので、解放されてホッとしています。
大学に入るまでに友達と色々なところに行くなど、思いっきり遊びたいです。
試験が終わって、多くの人から様々な形で支えていただいたことを改めて実感し、感謝の気持ちでいっぱいです。

本校に入学したきっかけは?
一年間の浪人を経て進路を考えた時に、文転したい気持ちがある一方で、これ以上浪人したくないとも思いました。
そのとき福岡カレッジ・オブ・ビジネスの存在を知って、”経済学などの専門科目を学びつつ、資格も取得したうえで大学へ行ける”という内容に、魅力と可能性を感じ入学を決めました。

試験に向けて頑張ったことは?
編入試験はもう失敗できないという思いから、勉強は中途半端にはできませんでした。
元々、あまり器用ではないので勉強以外で頑張ったことはありません(笑)
一から始める専門科目は勉強した分だけ差がつくと思ったので、なるべく経済に時間を割くようにしていました。
出来なかった問題を繰り返し解いて、解法がすぐに出てくるまで取り組みました。

編入先を選んだ理由は?
編入するからには難関大学を目指そうと決めていました。
過去に難関大学に受かった先輩の受験校を見て、同じように広島大学と神戸大学を受験しようと思いました。
一番最初に受験した広島大学の結果次第で、他の大学を受けることも考えていましたが、結果的には初めから決めていた、神戸大学を受験することにしました。
大学ではゼミでの活動に積極的に取り組みたいと思っています。
サークルなどにも入って交友関係の幅を広げ、様々な情報を吸収したうえで、将来どの方向に進むかを考えたいです。


編入試験を終えた感想
最初は福岡カレッジに入学することに抵抗がありましたが、今は入ってよかったと思っています。
同じ大学編入という目標を持った友人たちと共に勉強することができたので、きつい時もありましたが乗り越えることができました。
ずっと応援し続けてくれた両親や友達には感謝の気持ちでいっぱいです。
大学に編入した後もここでの経験を胸に、新たなことに挑戦していきたいです。