2015年12月2日水曜日

群馬大学合格

寒い日が続き、だんだんと冬が近づいていますね!
朝晩は特に冷え込むので、体調を崩さないよう気をつけてくださいね

今回は群馬大学 社会情報学部の編入学試験に合格した大学編入科の立石大貴くん(北筑高等学校出身)にインタビューしてきました


今の心境は?
無事に合格できてホッとしています
早く合格が決まったので、卒業するまでにeco検定を取得し、TOEICのスコアを伸ばせるように頑張りたいです
それからクラス全員の合格が決まったら、みんなで遊びに行きたいですね

本校に入学したきっかけは?
高校生の時は情報系の大学を志望していて、地元の北九州市立大学を受験したのですが、日頃から勉強していなかったこともあり、受験に失敗してしまいました
進路について悩んでいた時に、TVCMを見て福岡カレッジ・オブ・ビジネスのことを知りました!
編入学試験は受験科目が少なく、予備校と違って、浪人せずに志望する大学に行くことが出来ますし、たくさんの資格も取得できるので就職にも有利だと思い入学しました

編入学試験に向けて頑張ったことは?
家だとテレビを見てしまい、勉強に身が入らないので、学校に8時まで残って勉強しました
学校へは1時間半くらいかけて通学していたので、電車の中で単語の勉強をしたり、群馬大学の編入学試験は受験科目ごとに指定図書があるので、その本を読んだりしていました!
スマホのゲームにはまっているので、息抜きする時はゲームをして、メリハリをつけて勉強することが出来ました

編入先の大学を選んだ理由は?
僕の住んでいる町は森林保護に力を入れていて、森林と触れ合う機会が多かったことや、ゴミ拾いのボランティアに参加した際には、若い人が少ないと感じたことから、環境について学べる大学へ進学しようと思いました
群馬大学では森林保全や環境アセスメントの講義を受講し、自然環境保護や生物多様性の保全の方法について学びたいです
将来は福岡県内の市役所等で環境保全課の一員として働き、環境保護に役立つ知識を指導していけるよう頑張りたいです

同じクラスの友達と

担任の先生へのメッセージ・・・
受験まで1か月半と時間がない中で、どのような対策をしたらいいのか教えてもらい、効率よく勉強することが出来ました
先生も僕たちが帰る8時まで、毎日残って勉強を教えてくれたり、面接練習や受験の対策をしてくれたので、本番では練習の成果を出せました。他にも過去問題を探してもらったり、先生に貸していただいた本を読んでいたおかげで、論文もきちんと書くことが出来ました
本当に感謝しています!ありがとうございました