2015年11月6日金曜日

NEC九州データセンター見学2015

今年もITエンジニア科2年生がNEC九州データセンター様の見学に行ってきました!


データセンターは、サーバーなどのコンピュータ機器を安定的に動作させ、セキュリティ第一で管理されている施設です
民間企業はもちろん、市や県などの公的な利用もあるため、データセンターの「場所を公開しない」こともセキュリティ対策の1つです。
ですから、データセンターの場所は秘密・・・なのですが、実は学校から歩いて行けるところにあります


日本は地震が多いため、出来るだけ被害の少ない場所を選ぶ必要があるそうです。
建物が建っている場所の地盤や、耐震、免震構造などへの対策の講義をしていただきました


しかし、どんなに建物が丈夫でも、コンピュータは電気が止まってしまうと動きません
緊急時に電源を供給するための様々な設備を紹介いただきました。
上の写真の場所には飛行機のジェットエンジンのような発電機があるそうです


それから、サーバールームへの入室は、顔認証システムを利用します。
事前に登録した顔の人しか入室することは出来ません。
このシステムを開発した方は、このデータセンターにいらっしゃるそうです


データセンターには、様々なサービスがあり、例えば、「ハウジングサービス」は、一区画を借りて、サーバーはお客さまが持ち込みます
逆に、「ホスティングサービス」は、サーバーもデータセンター側が貸し出してくれます。
テキストで勉強した内容ですが、実際に目で見ることで実感することができたようです


最後は1番のお楽しみ?社員食堂での昼食タイムです

サラダだけで済ませた学生や、1人でラーメンとカツカレーを食べた学生など様々でした!
お忙しいところ、普段見学できない施設を見せて頂きまして、本当にありがとうございました