2015年3月28日土曜日

IT女子1年生特集☆Part3

3月も残りわずかになりましたね。
そんな今、進路に迷っている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか
そこで、ちょうど1年前みなさんと同じように進路に迷いながらFCBに入学した、ITエンジニア科1年生の重谷真由さん(壱岐高校出身)にインタビューしてみました

(左から野口さん、武末さん、重谷さんです)

Q.大学ではなく専門学校を選んだのはなぜ?
はじめは大学に行きたかったのですが、残念ながら落ちてしまいました
そのあと高校の先生からFCBを勧められ、ITエンジニア科に入学しました

Q.入学してどうでしたか?
先生に勧めていただいたことからのスタートでしたが、今は「自分のやりたいこと」にたくさんチャレンジできているので、とても満足しています!
Q.自分のやりたいことって?
まずは資格取得です。合格できると素直にうれしいですし、自信にもつながっています
もうひとつは、コンピュータグラフィック作品をたくさん作ることです!はじめは、本当にできるか心配でしたが、今ではすっかり楽しみながら制作できています

(いつも楽しそうな3人)

Q.入学前からコンピュータは得意だった?
いいえ。手描きでイラストを描いたりすることは好きでしたが、コンピュータのツールを使って作品を仕上げたのはこの学校に入ってからです
CGデザインゼミに入ってたくさんの作品を作っているうちに、自然と使いこなせるようになりました

Q.作品の中で一番の自信作は?
LINEスタンプです。さっきから登場している『ぶさネコさん』というキャラクターのスタンプを42個作りました!
大変でしたが、たくさんの人に使ってもらうことを考えながら作ることができたと思います。プロの仕事に少し近づいたかも?という手応えを感じました。色んな人に使ってもらえたらすごくうれしいです!
次は、野口さんに登場してもらう予定です。おたのしみに!
ITエンジニア科のブログもぜひご覧ください。
ITエンジニア科Blog


2015年3月25日水曜日

卒業式

桜も咲き始め、春のきざしが見え始めた今年3月6日
天神、ソラリア西鉄ホテルにて平成26年度卒業式が挙行されました


ビシッとスーツを決めた男子学生、そして袴やフォーマルスーツで華麗に変身した女子学生達が思い出を胸に巣立っていきます


さまざまな思いを抱きつつ、粛々と卒業証書を受け取っていきます


式が終われば、友達や担任の先生と楽しく思い出を語り合うのも卒業式の醍醐味ですね!
そして、担任の先生から卒業生全員に卒業証書が手渡された後、恒例の卒業祝賀会が執り行われました!


祝賀会では、本校教員バンド「ウシジマブラザーズ」の生演奏も行われる中、クラスや部活動ごとの記念撮影!
学生もそれぞれに思い出を写真という形で残していました
    

春は出会いと別れの季節・・・

今日集まった人たちとの別れを考えると悲しくもあるけれども、ぜひ卒業生たちには新しい出会いに胸をときめかせながら、本校の思い出とともに、羽ばたいてほしいです!
以上、今回の卒業式で司会を務めた高山がお送りしました

2015年3月23日月曜日

ゲーム制作☆もふもふごーやチーム編

こんにちは!ITエンジニア科「もふもふごーやチーム」の福本です
前回、僕たちが作ったゲームを見てください!のブログでも紹介しましたが、私たちの学科では例年プロジェクトと授業が行われており、グループに別れて約半年間にわたりゲーム制作に励みました。
はじめは、何のゲームを作るかから話し合い、私たちはステルスゲーム「Tomorrow Never Die」を作ることを決めました。


次は、ゲームの企画書、仕様書です。
この段階でどの言語を使うか、どのキーを使って操作するかなど、あーでもないこーでもないと話し合いながら、細かい設定を決めていきました。
この作業が終わり、仕様書を元にプログラム班、素材つくり班、動画つくり班に別れて、それぞれ作業をしたのですが、制作は思っていたよりもずっと難しく、悩むところがとても多かったです。


プログラムは思い通りに動かず、細かいバグがいくつも出て、ひとつひとつ直していくのは気の遠くなる作業でした。
皆さんにもいらいらいらいらしながらも、うまくいった時の解放感をぜひ体験してほしいです。
素材つくりはずっと画面を見ているので、目が疲れて疲れてしょうがなかったです。
色合いや形などにうんうん悩みながら作りました。


動画つくりはプログラムと同様に、思い通りになってくれないことにいらいらいらいら…。
たったの30秒の動画を作るのに6時間ほどかかることもざらです。
でもこちらもいい感じに流れてくれると、とても達成感がありました。
1からゲームを作ることは初めてだったので、まず何をしたらいいのか右も左もわからないような状態でした…。
うまくいかないことにいらいらしたり、出来上がらないことに焦ったり。
その甲斐あって出来上がった時の満足感は本当にすごかったです。
入学される皆さん、ぜひぜひ遊んでみて、楽しくギミックを解いてみてくださいね!

※オープニング&エンディング映像を作っているので、ぜひこちらもお楽しみください♪


2015年3月21日土曜日

3年連続!京都大学合格!!

今年度も多くの学生が編入学試験に合格しておりますが、今回で今年度、最後の合格者紹介です!
今回紹介するのは、京都大学 経済学部の編入試験に合格した大学編入科 商経コースの夜久昂平くん(東筑高等学校出身)です

夜久くんは京都大学の他に、神戸大学広島大学にも合格しています
京都大学に進学することを決めた夜久くんにインタビューして来ました!!


今の心境は?
信じられない気持ちでいっぱいです。
現役で京都大学に受かった友人たちと接することも多く、京都大学に合格することの難しさは理解していたので、入学当時の僕のレベルではとても目指せる大学ではないと思っていました
しかし、自分には無理だと諦めたくなかったので、必死に努力し、その努力が報われたので、とても嬉しいです

入学したきっかけは?
僕は高校生の時、大学受験に失敗してしまい、浪人するかランクを落として進学するかで迷っていました
そんな時、福岡カレッジ・オブ・ビジネスのCMがテレビで流れていたのを見て、編入という制度のことを知りました
参加した学校説明会で先生や在校生から授業内容や編入試験の体験談などを聞き、高いレベルの大学に合格するだけではなく、資格を多く取得し、編入学することで、編入先の大学生とも差をつけたい思い、この学校へ入学することを決めました

編入試験に向けて頑張ったことは?
受験後は九州大学に落ちてしまったことが、とても悔しかったのですが、入学してからは気持ちを切り替え、高いレベルの大学に合格するにはもっと努力しなければいけないという意識を持ち、毎日ひたすら勉強を頑張りました!
特に難関校の受験科目である英語と専門科目(経済)を重点的に勉強し、先生に質問したり、参考書を何度も何度も解き、自分の理解を深めました

今後の目標は?
京都大学は学習環境も整っており、学生の意識も高いので、勉強はもちろんのこと、サークルやバイトなどを通じ、様々な人と関わる中で刺激を受けたいです
また、将来は大手総合商社で働きたいと考えていますが、様々な企業のインターンに積極的に参加し、業界研究をしっかりとしたうえで就職活動に臨みたいと思っています
他にもお金を貯めて海外旅行や短期留学をし、スキルアップも図りたいと考えています

後輩に向けてのメッセージ
編入学試験に向けて勉強をする中で、きついことや辛いことがあるかもしれませんが、それを乗り越え、志望校に合格できれば人間的にも大きく成長することができ、自分の大きな自信につながると思います!
また、この学校には頼りになる先生や、同じ目標に向けて一緒に頑張れる友人たちが大勢いるので、周りの人たちと一緒に、最後まで諦めずにやり抜いてください


勉強以外にもクリスマスパーティでダンスを披露するなど、学校生活も満喫した夜久くん
昨年の卒業生で京都大学に編入学した小幡くんが合格したときにも、お祝いに駆け付けてくれて、「来年は自分も受かれるよう頑張ります」と抱負を語っていましたが、見事有言実行し、京都大学へ合格しました
京都大学でも頑張ってくださいね!!