2015年2月25日水曜日

英語について

国公立大学を受験するにはセンター試験を受ける必要がありますが、編入学試験ではセンター試験は不要で、英語や小論文、専門科目などが主流です。
例えば、英語と小論文、英語と専門科目など2科目で受験できる大学もあります。
少ない科目で受験することが出来るので、勉強の的を絞って、万全の試験対策ができます。
※大学編入学についてはこちら


今回は編入学試験で特に重視されている英語について紹介します。
センター試験の英語ではアクセント、文法、読解問題など様々な出題形式がありますが、編入学試験の英語の試験では全訳や要約、下線部訳などの出題形式が多いです。

本校の大学編入科では英語の授業時間数も多く設けており、まずは英語の基礎から学び、次第に全訳中心の授業へと切り替わります。
さらに英語の授業は習熟度別でクラスを分けをしており、今の自分のレベルに合った内容を学べるので、目標に向けて確実に英語のレベルアップが出来ます。
※授業カリキュラムについてはこちら

今、英語がすごく苦手だと感じている方でも、英語のレベルアップが出来そうな気がしませんか?
次回は本校でのTOEICへの取り組みについてお話します。

また学校説明会では、詳しい資料をお見せしながら、学科の先生や、編入学試験に合格した在校生たちへ質問することが出来ます。
3月は2日、8日、14日、15日、21日、22日、29日に開催します。
様々な特典も用意しておりますので是非、ご参加くださいね!

お申し込みはこちらから・・・
オープンキャンパス&学校説明会