2014年12月10日水曜日

アルバイト先紹介☆西日本シミズ編

憧れの業界で実際に仕事を体験する午後の授業は、ワーキングスタディ科の特徴のひとつ
実習先を探すところから先生がしっかりサポートしてくれるから安心!まだ、どんな仕事をしたいのか決まっていない人も、働くことが初めての人も安心して実習に臨むことが出来ます
もちろん、高校生の時に始めたアルバイトをそのまま続けてもOKです
今回はワーキングスタディ科1年の早田愛希さん(第一薬科大付属高等学校出身)のアルバイト先を紹介します


早田さんは株式会社西日本シミズさんでアルバイトをしています
主にヤフオクドームやマリンメッセ、雁ノ巣球場などで野球の試合やコンサートなど、イベントのサポートをする仕事です
また、派遣の仕事なので決まった日程の中から、自分の都合に合わせてシフトを組むことができることや、ヤフオクドームは福岡カレッジ・オブ・ビジネスから近いので、本校の学生も多く働いています


 
「私は西日本シミズさんでイベントスタッフのアルバイトをしています
制服に着替え、入場するためのPASSを受け取ったあとは、ミーティングに参加し担当の場所に向かいます
この日は野球の試合があり、私は会場に入場する際の手荷物検査の係でした
お客様の安全確保のために入場時に危険物などを持ち込んでいないか手荷物の検査をするのですが、ビンや缶の持ち込みもできませんので、中身を移し替えるための紙コップを事前に準備するなど、検査以外にもやることがたくさんあります


手荷物検査の他にも、野球の時には、ファウルボールやホームランボールの飛来時に警笛を鳴らして危険をお知らせしたり、入場券の確認や座席への案内をする仕事があります
また、コンサートの時には入場券の確認や座席への案内をしたり、コンサートのサポートやチラシを配ったりと色々な仕事が体験できます
イベントによってアルバイトの内容が変わるので、臨機応変に対応しなければいけませんし、一度に多くのお客様を対応しないといけない時は、大変だと感じることもありますが思いやりを持ってアルバイトに臨んでいます
西日本シミズさんのアルバイトも多くのことを経験出来て楽しいのですが、憧れの仕事であるアパレルのアルバイトと掛け持ちしたり、どんどん色々なことにチャレンジしてみたいです