2014年11月25日火曜日

広島大学合格

これまで多くの大学編入の合格実績をお知らせしていますが、みなさんは大学編入学とはどのような制度かご存知ですか?
簡単に説明すると、大学編入学とは大学の3年次へ入学できる制度です
受験までの準備期間に2年間のゆとりがあり、さらにセンター試験が不要入試科目も少ないのが特徴
しかも予備校に行くよりも1年間早く大学を卒業できるので、現役生と同じ4年間で大学を卒業することが出来るなど、メリットがたくさん星 の画像
また、3年次編入を受け入れる大学は近年、増加傾向にあり、今回紹介する広島大学も毎年多くの学生が合格しています!


今年度は広島大学 経済学部に12名の合格者がでましたが、代表して推薦で合格した益山咲樹さん(都城商業高等学校出身)にインタビューしてきました

今の心境は?
合格してすぐは全く実感がなかったのですが、時間が経つにつれて、だんだんと実感がわき、とても嬉しい気持ちになりました

入学したきっかけは?
大学受験に失敗して就職するか迷っていた時に、高校の担任の先生から大学編入という進学方法を教えてもらいました
話を聞いた時に一番魅力に感じたのが、浪人せずに大学に進学できるというところでした
その時に就職ではなく大学へ進学した方が良いと言われ、編入指導をしている学校を調べていると、一番実績のあった福岡カレッジ・オブ・ビジネスを勧められたので、入学することを決めました

編入試験に向けて頑張ったことは?
どの試験も成績が”優”を取れるように頑張り、”優”を多く取得することができたので推薦で受験することが出来ました
担任の先生からも推薦は面接だけなので自分の実力以上の大学に合格しやすいと言われ、金融関係への就職に強い広島大学を選びました

大学での目標は?
私は商業高校出身で、進学校出身の人に比べると英語や数学が苦手なので、大学での勉強についていけるか心配な気持ちも少しありました
しかし、広島大学も大学編入科のOB・OGが多く、先輩が大学の様子や講義や単位のこと、私生活のことなど色々と教えてくれたので、不安も解消でき、今では大学生活が楽しみです
色んな人と交流し、充実した大学生活を送りたいです

みんなに向けてのメッセージを・・・
先生方には志望理由書のアドバイスや何度も面接練習をしてもらいました
家族や友達には不安になった時に声をかけてもらったり、途中で投げ出したくなった時も家族や先生・友人に支えられ、諦めずに頑張ることが出来ました
周りの人がいたからこそ勝ち取れた合格なので、本当に感謝の気持ちでいっぱいです

担任の城戸先生と