2014年10月6日月曜日

和歌山大学合格☆Part2

前回に引き続き、和歌山大学に推薦で合格した学生の紹介をします!
今回は大学編入科 商経コースの長岡 祐季さん(下関南高等学校出身)と堤 靖依さん(伝習館高等学校出身)にインタビューしてきました
Part1を見逃した方はこちらもご覧ください


入学したきっかけは?
堤さん:高校生の時は弓道部に所属し、部活命!という感じで部活ばかりしていました
普段から勉強をあまりしていなかったこともあり、センター試験の結果は散々で、浪人するか就職するかで悩んでいた時に、母の職場の方から福岡カレッジ・オブ・ビジネスのことを教えてもらいました
浪人して1年間もひとりで勉強できるほど、メンタルも強くないですし、頑張れる気がしなかった私にとって、大学編入という同じ目標に向かって頑張れる仲間がいるというところが、とても魅力的だったため入学することにしました
長岡さん:私は前期試験も後期試験もダメで、浪人するかどうするか3月の下旬になってもなかなか決めきれず、ギリギリまで悩んでいました
そんな時、家族が福岡カレッジ・オブ・ビジネスのパンフレットを持ってきてくれ、この学校のことを知りました。センター試験を受けるためにもう一度、何教科も勉強するのは大変ですが、編入学試験なら受験科目も一般入試と違って少ないうえ、経済という新しい分野を学びながら浪人せずに大学へ行くことが出来るので、入学することにしました

入学した感想は?
堤さん:入学してから特に大変だったのは単位を取るための科目終末試験です。私たちは同じクラスなんですが、クラス内でお互いに教え合いながら勉強したあとは、みんなでご飯を食べに行ったり映画を見たりして息抜きをしていました
クラス全員で団結して、勉強に取り組む環境のおかげで、メリハリをつけて頑張ることが出来たと思います
長岡さん:この学校に入学して良かったと思っています
勉強の仕方を先生だけでなく友達からも教えてもらったり、みんなで協力しながら同じ目標に向けて頑張っているところや、受験に失敗してしまった人が多いこともあり、勉強に対する意識がとても高いので、私も自然と勉強に励むことが出来ました

今後の目標は?
堤さん:受験前に色々な資格を取得しましたが、もっと多くの資格を取得したいので、卒業するまでに経済学検定とTOEICを特に頑張ります
また、和歌山大学では憧れの足立先生のゼミで地域活性やまちづくりなど多くのことを学びたいです
長岡さん:大学では、女性の労働について学びたいです!
また、和歌山大学は編入生が多く、学びやすい環境があるだけでなく、大学やサークルで独自にフリーペーパーの発行をするなど、色々と面白い活動をしているので、私も活動に参加して、多くのことを吸収したいです

2人からみんなに向けてのメッセージ・・・
編入学試験を受けるにあたって、いろんな先生に面接の練習をしてもらいました
また、私たちは編入学試験の時期が他の大学より早かったので、色んな人から励ましてもらったり応援のメッセージをもらうなど、勉強だけでなく精神的な面でも、多くの人に支えてもらいました!
おかげで無事に合格することができ、感謝の気持ちでいっぱいです
今は、みんなが受験に向けて頑張っているので今度は私たちがみんなを応援したいです


推薦合格した3人で