2013年2月26日火曜日

3月のオープンキャンパス

2月もあと少し・・・いよいよ待ちに待ったが近づいてきました。

福岡カレッジも来週には、卒業式。

��年前の入学当初、まだまだ子供の顔をしていた学生たちが、どんどん大人になって巣立っていくことは、嬉しいことではありますが、何だか少しさみしいような・・・。

さてさて、今年はどんな卒業式になるのでしょうか。






・・・ 今年度、現在の編入合格者 ・・・




 国公立大学134名  私立大学139名  


http://www.fcb.ac.jp/course/transfer/results.html







  








 ”オープンキャンパス!!” 



https://www.fcb.ac.jp/exposition/




まだまだ、3月もオープンキャンパスを実施いたします。

大学編入科 に興味がある方。

『編入学って?』という方はもちろん、『編入は知っているけど、福岡カレッジではどんな授業が行われていて、どんな大学に行けるの?』という方も!

大学入試がうまくいかなかった方、予備校に行こうか迷っている方、すでに予備校に通っている方 ・・・ 一度、当校へお越しください。



 大学併修リクルート科 ワーキングスタディ科 事務・経理科 ITエンジニア科 を検討されている方も大歓迎!

オープンキャンパスでは、担当職員と直接話をする時間も作っていますから、不明なことや不安なこと・・・何でも質問してください。

在校生もお手伝いに来てくれていますので、在校生に編入受験について、学校生活について、聞いてみるのもおススメです!




3/3  10  17  24  31




参加者には、特典もご用意しております。

ご家族やお友達を誘って、気楽に・・・ぜひぜひ遊びに来てください。

たくさんの参加をお待ちしておりま~す。 


 


 ・・・ ― ・・・ ― ・・・ ― ・・・ ―   ― ・・・ ― ・・・ ― ・・・ ― ・・・








 ”福岡カレッジ・オブ・ビジネス入試” 

www.fcb.ac.jp/admission/index.html 




今年度の入試は、4月4日(木)まで15回を予定しておりますが、次回は・・・ 



第10回目の入試  3月2日(土)


願書の締切は2月28日(木)です!

 




次々回は・・・     第11回目の入試  3月9日(土)

           願書書の締切は3月7日(木)です!



 



     



 春はそこまで来ているようで ・・・ もうすぐ、いろいろなお花が満開です! 






2013年2月19日火曜日

ITエンジニア科のゼミを紹介してもらいました。 Part3

福岡カレッジ・オブ・ビジネスのITエンジニア科は、少人数制でIT関係のことを幅広く

学んでいますが、中でも1・2年合同のゼミは特徴的な授業内容となっています。

ゼミとは???

��回目の今回は、1年生にゼミの内容を紹介してもらいました。





■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□







私たちは、ITエンジニア科アプリ開発ゼミに所属している1年生です。

ブログを見て頂いている皆さんに、ゼミでどのような活動をしているかを

紹介します。






 


アプリ開発ゼミは、文字通りアプリをつくるゼミで、現在、2年生と一緒にandroidアプリ開発を行っています。



スタートは、開発環境に慣れる意味もあり、先輩方と簡単な『電卓』をつくりました。

参考書を元にして作ったアプリだったので無事完成しました。


そして、次につくったものは『イライラ棒』です。




 




これは、周りの壁や障害物に触れることなく ゴールを目指すゲームです。


ゼミでデザイン、ゲームの内容、プログラムなどメンバーで試行錯誤を重ねながら作業をしていきます。


 



また、インターネットや書籍などで参考になりそうな資料を見つけ、意見の交換を行い互いに協力し合って、無事にandroidアプリを完成させました。







現在開発中の、androidアプリは、企画から完成までを1年生だけで行っています。

私たちはそのアプリの名前を『おちもん』と名付けました。




内容はタイミングよく様々な問題を答えていくというものです。

今回は、2年生に頼ることができないので、問題の文章をランダムに出すためのプログラムどうするか、ゲーム画面の切替やスコア表示の方法など、「調べる・意見交換・試す」を繰り返して、全部自分たちでひとつひとつ解決しています。



「おちもん」のレイアウトを紹介します。



次回は完成したアプリを紹介する予定です。








入学してこられる1年生と一緒にアプリ開発ゼミでお会いできることを楽しみにしています(*゚▽゚*)






2013年2月12日火曜日

ITエンジニア科の授業を紹介してもらいました。 Part2

福岡カレッジ・オブ・ビジネスのITエンジニア科は、少人数制でIT関係のことを幅広く

学んでおります。

そんなITエンジニア科の授業の中から、今回も前回同様『プロジェクト』の内容について、2年生に紹介してもらいます。





■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□





こんにちは。 (*ゝω・*)ノコンチャ☆

私たちは、主にJAVAを使い5人グループでゲームプロジェクトを行っていますが、そのゲーム制作過程を少し紹介していきタイと思いま~す。

みんな━━ヽ(・ω・`(-ω-`。(゚ε゚(ゝ(ェ)・。(・ω_・` )━━♪





まず、ゲームを作成するにあたり、最初どんなゲームを作成するかをチームで話し合いました。

そして、おおよそどんなゲームにするか決まったところで仕様書の作成をしました。

ゲームの流れ、スケジュール、必要な画像の種類・枚数、必要になる道具、プログラン言語の種類など細かいゲーム内容を決め、仕様書に盛り込み、ゲームはこの仕様書に沿って制作していきました。

�� ・・・なので、最初に作る仕様書はしっかり内容を詰めないと、途中で大変なことになっちゃいます。 ) (・ω<) てへぺろ






次に、どんなゲームを制作しているか紹介していきます。 ペコリ(o_ _)o))

私たちは育成ゲームを制作しています。

育成ゲームというと馬や犬などの動物を育てたりするのですが、今回は、現実では育成することのできない白血球を育てることにしました。

もちろん、普通の白血球ではかわいくないので、かわいさ溢れるイラストで作成しています。

従来の育成ゲームでは、比較的に長時間でプレイするというものが多かったのですが、私たちのゲームでは「短時間でプレイできる!」というところを重視しています。


[壁]ω・)チラッ。。。。。。。゙(ノ・ω・)ノスタタタッ。。。。。。チラッ(・ω[壁]





それでは、ゲームの流れを紹介します。

ゲームシステムは、『白血球を育成し、ウイルスと闘う』というものです。

��回の育成を最大を80ターンとし、トレーニングや食事を駆使してパラメータを上げます。

��0ターンの内、いつでもウイルスと闘うことができ、パラメータとターン数でエンディングが変わるといった仕様です。

ランキング制度もあり、少ないターン数でパラメータをどれだけ上げ戦闘を行うかが、ランキング上位に入れるかのカギとなります。




※これはゲームプレイ画面です。すべての動作はマウスで操作することができます。

( 簡単だね!!! ヤッタ━━━ヾ(*≧∀≦*)ノ━━━!!! )








育成する白血球は、トレーニングでパラメータを上げることで進化していきます。

トレーニングの種類は、ランニングや瞑想、反復横跳びと基本的に3種類あり、それぞれのパラメータの上げ方により、いろいろな白血球に進化します。

�� いろんな白血球を育ててみよう!トレーニングはクリアする事で増えることも・・・。 )


基本的な白血球の絵はペンタブなどで描き、FW(ファイアーワークス)を使用し編集しています。

��コマ1コマ細かい座標の位置を決め、一枚の画像にするのがとても大変でした。

でも、がんばってやりました! (`・ー・´)ドヤァ!! 







※ここで1枚にまとめた画像の例を上げます。

1つ1つの動作を作成し、1枚の画像に座標の位置を計算しまとめました。

�� ↑ この作業はすべてFW(ファイアーワークス)を使用しています。 )

 











このような画像を動作ごとに作るのでとても大変です。

そのため、この作業に一番時間が掛かっているかもしれません。

メンバーの1人がこの作業のたびに、怒り状態になりパソコンを投げてきます。

( 壁|]ロ゚;)))ガタガタ!! 


怒りゲージ MIN ■■■■■■■■■■ MAX ゴルァ!!!(# ゚Д゚)・;’


 







P.S

まだまだ作業はたくさん残っていますが、できるだけ早く終わるようにがんばっていきたいと思います。

おわれっ。。。(ノ・ω・)ノ(((((([PC]))( ゚Д゚)・;’’



 



 


 



2013年2月5日火曜日

編入合格者インタビュー Part ✿✿ 京都大学

今年の大学編入合格者・・・現在、国公立大学132名、私立大学139名 です!

そんな合格者の中から先日速報でお知らせした京都大学に合格した西田勇樹くんにお話を聞いてみました。




 





Q:編入合格した大学と進学先を教えてください。
A:京都大学経済学部と神戸大学経済学部、広島大学経済学部に合格し、京都大学へ進学予定です。





Q:西田くんってどんな人?
A:熊本県玉名郡出身で、現在も実家から2時間かけて通っています。

   高校のころは3年間学級委員をしていましたし、陸上部でも副キャプテンでした。

   けっこう頑固でマイペースな性格です。

   高校時代は・・・1年生の頃はバイトと遊びが中心でしたが、2年生の頃に卒業後のことを考えるようにな

   り、電気科だったので資格取得に励みました。

   でも・・・3年生の夏頃に、経済学や経営学に興味が出てきて、進学を決意しました。





Q:福岡カレッジのことを教えてください。
A:電気科から経済学部への進学は・・・ランクの低い大学にだったら合格できるかもしれませんが、難しいと

   考えました。

   福岡カレッジに入学したきっかけは、編入なら、入学してからでも2年間勉強を頑張れば難関国立大学を目

   指せると聞いたからです。

   ただ、自分は電気科出身で、高校時代は英語の授業がほとんどなかったので、ついていけるかという不安は

   ありました。





Q:クラスのことを教えてください。
A:クラスは、男女にかかわらず皆とても仲が良く、学校外でもよく遊んだりしています。

   今回、京都大学の合格も友達に最初に話したのですが、みんなすごく喜んでくれて・・・メールもたくさん

   もらいました。

   クラスレクレーションで城島高原や能古島に行ったりしたことは、良い思い出です。





Q:受験勉強について教えてください。
A:勉強時間は、1年生の頃はアルバイトも頑張っていたので3~4時間程度でした。

   ただ、2年生の受験前は、1日10時間以上は当たり前で・・・。

   この2年間は、特に英語と経済学の勉強が中心でした。

   編入は、大学によって試験科目や内容が全く違うので、過去問の研究にも多くの時間を使ったと思います。





Q:取得した資格について教えてください。
A:取得できる資格は頑張って取りました。

   資格の勉強は、受験に関連するものはもちろんですが、その他も将来必要なもの、役にたつものなので、苦

   になりませんでした。

   今後も勉強を続け、日商簿記は2級、TOEICは900点までスコアをあげたいと思っています。

  <取得検定>
 
 『日商簿記3級』『経営学検定 初級』『経済学検定 Sランク』『TOEIC(745)』『MOS Word2003』 

    『MOS Excel2010』『MOS PowerPoint2010』 etc…




Q:福岡カレッジ、編入の魅力って何だと思いますか?
A:編入は、どんなバックグラウンドを持つ人でも・・・高校まで勉強をあまりしてこなかった人でもやる気さ

   えあれば、進学することが可能です。

   2年間の努力次第で、国公立に進学もできます。

   福岡カレッジには、たくさんの過去問があり研究することもできるし、編入した先輩から直接話を聞く機会

   もあります。

   そして、放課後に残ってマンツーマンで教えてくれる先生、休日出勤してくれる先生もいます。

   こういうところが、編入の良いところ・・・福岡カレッジの魅力だと思います。





-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・―・―・―・―・―




福岡カレッジの後輩、それから・・・編入を考えている人へ


編入試験の合否は、高校までで培った学力では決まりません。

福岡カレッジの2年間で、どれだけ勉強したか・・・努力したかが大きいです。

なので、高校までは、あまり勉強をしてこなかったという人でも、福岡カレッジに入り努力を続ければ難関大へ合格することが十分に可能だと思います。

高校の頃、電気科だった自分が、京都大学や神戸大学に合格できたのですから、これは自信を持って言えることです。