2011年12月27日火曜日

万歳!『人生何事も無駄なものはない、プラス思考で』 九州大学経済学部 編入試験合格!

木下信平くん(島原高校卒)は、九州大学経済学部3年次編入試験に見事合格しました。



実は木下くん、福岡カレッジ・オブ・ビジネスに入学する以前に公立大学の入学試験に合格していたとのこと。

ですが、大学卒業後の進路に不安を感じ、入学を辞退することに・・・。

そして、その時、高校時代の弓道部の先輩であった木村彰太郎くんが、

福岡カレッジ・オブ・ビジネス大学編入科から東北大学に編入したことを

知り、編入学試験への挑戦を決意したそうです。

喜びでいっぱいの木下くんに、お話を聞いてみました。




   

~・・~・・~・・~・・~・・~・・~・・~・・~・・~・・~・・~・・~・・~・・~・・~・・~



Q:現在の心境は?

合格通知が届いたときは、感激して思わず泣いてしまいました。

でも、落ち着いた今は、1年から入学している学生の学力に負けないように、

しっかり勉強をしなくては・・・とプレッシャーを感じています。





Q:編入試験の勉強で頑張ったことは?                  

とにかく復習をまめに行いました。

高校時代とは全く異なった内容の勉強、新しい知識については、しっかりと定着させることが大事だと考え、毎日復習に時間をかけました。

まずは知識を蓄えること…このやり方で効率が上がったのだと思います。





Q:先生たちは?                  

英語の南里先生をはじめ、いろいろな先生にお世話になりました。

また、受験科目以外でも・・・特に簿記については、担任の柳先生に熱心に指導

していただきました。





Q:福岡での生活は?

福岡は店が多く買い物をするところが多いため、九州の各地からたくさんの人が訪れます。

若者が多く、活気がありますね。

福岡カレッジ・オブ・ビジネスは中心部にあるため、とても便利ですよ。





Q:今後について・・・

今は、『公認会計士』を目指しています。

あとは・・・。

今は円高で、円高によって困ることもありますが、海外企業の買収にはチャンスだと思います。

将来、僕もそういう仕事にかかわれるようになりたいので、知識や能力を身に付けたいと考えています。


               南里先生と



Q:高校の後輩へアドバイスを・・・

大学入試には失敗しても良い・・・とまでは思いませんが、挫折を味わうことも

必要だったのかな・・・と、今は思っています。

親の有難味もわかった気がしますので。

とにかく、プラス思考が大事なのかもしれません。

『人生、何事も無駄なものはない!』というプラス思考で、受験を乗り切ってください。